少しでもセレモニーや生活を豊かに彩る為のご紹介サイト

会社にお願いしなくても…

制作を会社にお願いするわけ

では、なぜ制作をお願いするんでしょうか?
ハイクオリティな動画を作れる設備やスキルを身につけている方は、ご自分でやられた方がいいと言うかもしれませんね。
ですが、そういう設備もスキルもない方は頼んでしまった方がお金はかかりますが、良いものが作れると思います。

まず、制作をお願いする理由としては、自分で作るよりもクオリティが高くなりやすい、というのと、自分で作るとそれなりの労力と時間がかかります。
そういう部分が削減できる、というのと、その会社独特の作り方や特色が動画に出ていることもあるので、見ているのが楽しかったり、というのもあるかと思われます。
実際、主婦の方でも動画を作るほどの時間もないし、スキルもないし、という方が多いはずです。
そういう時程、会社にお願いした方が良いと思います。

動画をお願いしてからできあがるまで

主な動画制作の流れをご紹介いたします。

まずは、その動画を作るためにお客様のご要望、どんな感じにしたいのか、どういう動画にしたいのか、どれぐらいの長さ、写真なら何枚の写真をどれぐらいの秒数で画面展開して欲しいのか、そして、その動画の用途を会社側にお伝えします。
それを元に会社は立案し、お客様がこれでと言ったものでコンテを作成します。
お客様がOKを出したら撮影に移ります。
その後、ナレーションを入れるものはナレーションを別撮りします。
すべての撮影・録音が終わったら動画編集に移ります。
そこで、テロップやBGMの挿入もしていきます。
すべての工程が終了したのち、お客様に納品します。
会社によって違いますが、修正をお願いすることも可能な会社もあります。
回数制限を設けている会社が多いと思いますので、そこは要チェックです。